ひびきの歌詞ブログ

Entries

Category : 2008年作曲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もふと君の事おもい出して
大声で「ばかやろ~」って叫んでみた

言ってみればドラマのワンシーンみたいで
なんだか1人でわらけて来た

どうしてだろ?
あんなに好きだった君を
どうしてだろ?
こんなに笑い話に出来ちゃう
どうしてだろ?
そんなに苦しくないよ
あれ?おかしいな。。。涙が止まらないや・・・

いっぱい話ししてさ
分かり合ったつもりだったのに
人と人とってこんなに難しいのかな
いっぱい涙してさ
何度も嫌になったのに
あ~もういいや
やっぱりすきなんだ

何フリ構わず君を好きになって
思いだせば僕ばっかり追いかけてた

色褪せる事のない青春みたいな
そんな恋だっていつか思いたいもんだ

どうしてだろう?
頭じゃ分かってるのに
どうしてだろう?
心が言う事を聞かない
どうしてなの?
辞書で引いても出てない
あ~これが噂の失恋てものですか?

いっぱい恋してさ
ふがいなさくやしくてさ
もう恋なんて恋なんて一生するもんか!
いっぱい涙してさ
やるせなくてせつなくて
あ~今日大人の階段登りました

あ~君に似た後姿今日もさがしてる
あ~僕は未練がましく君を探してる
ぼくの潜在意識は君を探してる
そうやって僕は抜け出せない
恋愛迷路さまよっているんだ

いっぱい恋してさ
好きになって愛してさ
それでも叶わない恋ってあるもんだ

いっぱい涙してさ
何度も嫌になったのに
あ~もういいや
やっぱりすきなんだ
あ~また僕は同じところ歩いてる

スポンサーサイト
君がいなくてもう何回目の夜が来るだろう 
今も色濃く僕の胸に・・・


夢を見た幸せな時間の詰まった
幸せな夢ほどトキに残酷で

忘れたい忘れもしない君への想い
消え去ってしまったぬくもりだけを残して


「アイシテル」 いまさら もう遅い
砂浜に描いた二人の足跡 
いつの間にか波にさらわれて


君がいなくて もう何回目の春が来るだろう 
君と歩いた海沿いの道も
君がいなくて もう何回目の夏が来るだろう 
今もまぶしく 僕の胸に・・・


君の手握り締め辿り着いた答え
いつからココロが離れてしまったの?


海の色 空の色 人も景色も
忘れ去ってしまいたい
二人で見てきた世界


「サヨナラ」いまでも胸に刺さる
思いを描いた二人の未来図 
いつの間にか輝きは消えていた


君がいなくて もう何回目の秋が来るだろう 
君と眺めたあの星空も
君がいなくて もう何回目の冬が来るだろう 
今もあせない君への想い


トキだけが過ぎてく 
僕を置いてきぼりにしたまま
動き出さない時計の針は君で止まったまま


君がいなくて 
もう何回目の未来を思うの?
君がいなくて 
もう何回目の過去を憂うの?
君がいなくて もう何回でも 何回でも 何回目の
君へのLOVE・・・
輝く未来があなたを待ってるように
精一杯今を生きて欲しい

越えられない壁があるのなら 
それはきっと自分自身なんだと思う

「今」があるのは昔自分ががんばったから 
「今」の連続があなたを作ってる

喜怒哀楽今あなたが感じてる事
ほらいいよ。全部僕に見せてごらん


誰でもないよ
自分の未来は自分で作っていくもの
時に誰かに甘え誰かに頼り投げ出しながらも

それでもいいよ
君が今を精一杯生きていけるように
僕がこれからも歌ってあげる

輝く未来があなたを待ってるように
精一杯今を生きて欲しい
分かってたんだ本当は僕のことじゃなくてさ
君が最初から恋に恋をしてたこともさ

それでもよかった君のことそれくらい思ってたから
最後のメールは結局返信できなかったけど・・・


くだらないプライドだって無いよりはマシだろう?
最後の強がりだと
僕を笑う・・・
今・・・


あなたのあなたの心の中に一番大切な人を浮かべてください
あなたのあなたの心の中に一番愛する人を浮かべてください


あなたと別れてからもう何回目の冬が来たの
まだまだあなたを忘れられない僕がいる


数え切れない夜が無機質に過ぎ去っていく
過去未来今、置き忘れた心はどこ?


「あの頃は良かったね」っていつか割り切れるなら
この涙の意味を感じれる
いま・・・

あなたのあなたの心の中に一番大切な人を浮かべてください
あなたのあなたの心の中に一番愛する人を浮かべてください
僕はどこ?あなたの心?片隅にいれていますか?
もうここにあなたはいない・・・

大事だったから
好きだったから
幸せになって欲しかった
つよがりだって
ごまかしたって
君を愛してよかったよ
君がココにいなくても

今・・・・

あなたのあなたの心の中に一番大切な人を浮かべてください
あなたのあなたの心の中に一番愛する人を浮かべてください
僕じゃなくて それでもいい あなたが幸せなら
もうここにあなたはいない・・・
僕のココにあなたはいる



「元気でやっているのかな?」ふと思い出す
「じゃあ、行ってきます」なんて言葉は無いけど
君は君の進むべき道を歩いてる 歩いてる


君がいなくなったこの場所は少しさびしいけど
これは僕に与えられた試練なのかな
なんて君がいない事を肯定しようとしてる

会えなくて寂しいけど
君が今もがんばってるんだって知ってるから
僕はココに。。。
きっと今も前に進んでいる君に・・・

いつだって君に「おかえり」って言えるように
僕の言葉がいつでも君の居場所になれるように
「おかえり」


「疲れた・・・」なんて言わないのは知ってる
一途で意地っ張りでやさしいけど負けず嫌いでそんな君の事が心配なんです

いつだって君が「ただいま」って言えるように
君の絡まったココロの糸をそっとほどく様に
「おかえり」


泣きたい時に泣けばいい
弱音や愚痴だって受け止めるよ
キミハヒトリデイキテルンジャナイ・・・
山があって谷があってそんな繰り返しの世の中で
キミハヒトリデイキテルンジャナイ・・・
君は一人で生きてるんじゃない

いつだって君に「おかえり」って言える様に
君の笑顔が僕の力に変わるだから今も・・・
いつだって君が「ただいま」って言える様に
君が素直になれる場所でいたい願いこめて
「おかえり」

プロフィール

ひびき☆Hibiki☆

Author:ひびき☆Hibiki☆
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

Copyright © ひびき☆Hibiki☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。