ひびきの歌詞ブログ

Entries

Date : 2008年07月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの事をずっと私思ってるの
そんな日々に少し疲れてしまったの
どうしたらいいのか分からない
あなたの面影探してるの


季節の変わり目はいつもため息と一緒に始まる
あの場所もこの場所もあなたの思い出を探してしまうから


数え切れないほどあなたと過ごした
数え切れないほどあなたを愛した


どうしたら花は美しく見えるの?
どうしたら花火は色褪せるの?
あなたのいない春夏秋冬モノクロの
写真のように色褪せてく

私はこれから先何を・・・何を想って生きていけばいいの?
あの日から心の一番一番奥がいつも痛いの


数え切れないほどあなたを想った
数え切れないほどあなたの名を叫んだ


どうしたら月物悲しく感じないの?
どうしたら雪はきれいに感じるの?
あなたのいない四六時中恐いの・・・
私から記憶(あなた)が離れていく


数え切れない夜涙を流した
数え切れない朝あなたの夢で起きた


どうしたら冷え切った心に灯がともるの?
どうしたら凍えた手にぬくもり感じるの?
あなたのいない世界から現実逃避
私は迷路に迷い込んだ

あなたがいとしくて・・・いとしくて・・・・・
スポンサーサイト
たいして取り柄ない
かっこよくもない
そんな僕が僕でいられる場所
才能もない
ましてや夢もない
だけど僕は生きているんだ
生きているんだ

曖昧な日常は僕を僕でなくすから
自分の足で立って立っていかなくちゃ

物騒な世の中は心を麻痺させるから
自分の目で見て見ていかなくちゃ

自分は生きているのか。
自分は誰なのか。
分からなくなるそんな時は僕が教えてあげる

僕たちはみんな誰だってそんな器用に前向いて生きられるわけじゃない
十人十色違う色で輝いているんだ
僕たちはみんな誰だってみんな生きてる証を捜し求めているんだ
大丈夫。
ここが君でいられる場所

個性のない世の中は本当の自分をなくすから
自分の耳で聞いて聞いていかなくちゃ

思ったほど世の中はそんなに嫌なものじゃない
心で泣いて前へ前へ進んでいかなくちゃ

孤独を感じているなら
心を閉ざす前に
君の求めてる優しさってやつで心を明けるよ

僕たちはみんな誰だってそんなに一人で強がって生きられていられるわけじゃない
喜怒哀楽で自分自身を守っているんだ
本当の自分が誰だって本当の自分はどこだってそんなのどうだっていいじゃん
大丈夫
愛してくれる人がいる

ただシンプルな事だってこの世にあるんだ
教えてあげるよ君は生まれて来た
「ありがとう」

僕たちはみんな誰だってこの世に命を授かった
かけがえのない宝物だ

僕たちはみんな誰だってそんなに1人で強がって生きられていられるわけじゃない
喜怒哀楽で自分自身を守っているんだ
僕たちはみんな生きてんだ!
地位も名誉も称賛も そんなのどうだっていいじゃん
大丈夫
ここが君でいられる場所

ここが僕でいられる場所
流れ星を見つけた 真っ暗な暗闇で
一瞬だけどくっきり 私のココロに刻まれた

あなたと過ごした思い出が今も夜空に輝いてる
静寂と言う問いかけが私の中でこだまする

過ぎ去りしことばかり追いかけてゆく
不安定な心と体の秩序
保たれない私 どうにかして

走る 闇の中 抜け出せない迷路
ただ私を 誰かに見つけてほしいだけ なみだ


忘れられないあの星に もう一度だけ会いたい
叶わぬ願いって事も私の頭はわかってる

言いかけた言葉を押し殺していく 気付いてあなたへのシグナル

譲れないの私 どうにかして・・・

止まらないこの想い 先の見えないゴール
ただあなた近くに感じていたいだけ なみだ


素直にあなたに伝えたい
答えなんて期待してないから
待ち続ける私 どうにかして

ヒカリよ 照らして あなたへ続く進路
無駄じゃないとあなたを探すこのトキ
走る 闇の中 抜け出せない迷路
ただ私を 誰かに見つけてほしいだけ なみだ


流れ星を見つけた 真っ暗な暗闇で

プロフィール

ひびき☆Hibiki☆

Author:ひびき☆Hibiki☆
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

Copyright © ひびき☆Hibiki☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。