• <<  存在  作詞 作曲 りょう
  • >>  秋空の下で  詩 曲 りょう

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日  詩 曲 りょう

  • 2010.07
  • 13

Edit177

いつだって僕の前では笑ってくれてたろう?

だからたまに甘えてみたり、怒ったりする

そんなささいな幸せが繰り返されて

いつのまにか当たり前になっていたんだ


人間ってどうしてこんなに慣れてしまうんだろう?

シンデレラのかけられた魔法みたいにさ

これが最後の恋だと思ってたのに

またバタンとドアが閉まる音


どこにいたって何をしていたって

君がいなきゃなんにも手につかないくせに

僕の心が謝罪を頑なに拒否する


僕から別れを切り出すには少し勇気が足りないや

もう少しだけ運命の糸ってやつをしんじてみようか?

出来るなら謝りたくもないが

明日は日曜日・・・


二人の間に見えない線が自然に引かれて

だんだんだんだんどんどん会話も少なくなってく

僕の描いてた恋愛ストーリー

こんなはずじゃなったなのにな


どこにいたって何をしていたって

二人なら終わるはずもないって勝手に

想ってたのは僕だけの一途な気持ちなの?


この恋にピリオドを打つまでには

少し時間が必要で

二人気持ち離れてしまったのならどうなるものでもないけど

気付いたら明日は約束の

君との日曜日


男らしさを最後くらい見せてよと

君が僕に送る無言のラストメッセージ

本当に泣きたいのは君じゃなくて僕のほうだよ


次の恋をスタートするまでには

少し整理が必要で

オトコは過去を引きずる生き物とは

よく言ったもんだ

あの時謝っておけば・・・

明日は日曜日

1人の日曜日

スポンサーサイト

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://hibikikashi.blog98.fc2.com/tb.php/177-4c788428
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  存在  作詞 作曲 りょう
  • >>  秋空の下で  詩 曲 りょう

プロフィール

ひびき☆Hibiki☆

Author:ひびき☆Hibiki☆
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

Copyright © ひびき☆Hibiki☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。